モバイル通信を4つの観点で比較してみる – 格安スマホ・SIMフリーの世界
     

モバイル通信を4つの観点で比較してみる

「データ許容量」、「使えるエリア」、「毎月の料金」、「速度制限の有り・無し」という4つの観点で比較してみると、どなたが選んでも満足できるモバイルWiFiルーターは、わずかに1機種のみでした。
はっきり言って、LTEを使用することができるエリアは限られてしまいますが、エリア外にて通信をしようとする時は、自動で3G通信に変更されてしまいますから、「繋がらない」というようなことはないと思ってもらって構いません。
目下セールス展開中のWiMAXモバイルルーターの全種類の中でも、W03は段違いにバッテリーの持ち時間に優れています。長い時間充電できないという時でも、不安になることなく利用することが可能というのは嬉しいです。
ワイモバイルのポケットWiFiについては、WiMAXと比べると速度的に劣りますが、その周波数が故に電波が到達しやすくて、どこにいても快適な通信ができるということで人気を博しています。
WiMAX2+のギガ放題プランに関しては、毎月毎月7GBというデータ使用量の上限はなくなりますが、3日間で3GBを超越しますと、速度制限が掛かるということを念頭に置いておくようにしましょう。

プロバイダーによっては、キャッシュバックを4万円に届きそうな額に設定しているので、モバイルWiFiの月額料金が周りのプロバイダーと比べて高めでも、「計算してみるとお得だ」ということがあるわけです。
自分の家の場合は、ネット回線を確保するためにWiMAXを使っております。最も重要な回線速度に関しましても、全くと言っていいほどストレスが掛かることのない速度です。
サービスエリアの充実化や通信の安定を図ること等、達成しなければならない事項はたくさんありますが、LTEはスピーディーなモバイル通信を可能にするために、「長期の変革」を継続しています。
WiMAX2+を売り出しているプロバイダーの毎月毎月の料金(2年契約満了時までのキャッシュバックも勘案した合計支払額)を比較した結果を、安いプランを出しているプロバイダーから順番にランキングスタイルにて掲載しております。
ポケットWiFiと申しますのは、携帯のように各端末が基地局と無線にて接続されることになるので、手間のかかる配線などについては心配無用ですし、フレッツ光であるとかADSLを契約した時と同様の接続工事もまったく不要なのです。

「モバイルWiFiを買いたいと思っているけど、高速・無制限モバイル通信ということで人気のあるWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイル提供のポケットWiFiのどちらにした方が賢明かなかなか決断できない。」と言われる方の為に、両者を比較して一覧にしました。
プロバイダーがそれぞれ掲載しているモバイルルーターの1か月毎の料金やキャンペーンを比較して、ランキング順に並べました。ルーターを買うつもりの人は、最優先で閲覧してほしいです。
モバイルWiFiルーターに関しましては、契約年数と毎月毎月の料金、尚且つ速さを比較して1つに絞るのが重要です。この他には使用することになる状況を思い描いて、通信サービス可能エリアを調べておくことも肝要になってきます。
残念ながらWiMAX2+の通信カバーエリアとなっていないと言われる人も、現状提供されているWiFiルーターでもって、今までのWiMAXにも繋ぐことができるようになっていますし、追加でオプション料金を払うことにすれば、「au 4G LTE」にも接続できることになります。
WiMAXと言うと、いつもキャッシュバックキャンペーンが人気を博しますが、ここ数年は月額料金が抑えられるキャンペーンも人気を集めています。

Pocket
LINEで送る




ページトップへ戻る
ページトップへ戻る