モバイル通信サービスが「ドコモ」「au」「ソフトバンク」の代理戦争という側面 – 格安スマホ・SIMフリーの世界
     

モバイル通信サービスが「ドコモ」「au」「ソフトバンク」の代理戦争という側面

ソフトバンクの通信ブランドであるポケットWiFiと申しますのは、WiMAXよりは速度的には劣りますが、その周波数が好影響を及ぼして電波が到達しやすく、どんなところにいても快適に視聴することができるということで高く評価されています。
1か月間のデータ通信量が制限されることのないWiMAX“ギガ放題”の項目毎の料金を、各プロバイダーで比較して、低コスト順にランキング表にしてみました。月額料金だけで決定してしまうと、間違いなく後で悔やむことになります。
WiMAX2+を提供しているプロバイダーの月々の料金(2年契約満了時迄のキャッシュバックも含めた総コスト)を比較した結果を、安いプランを出しているプロバイダーから順番にランキング形式でご披露いたします。
ワイモバイルが市場提供しているポケットWiFiは、所定の通信量を越しますと速度制限がなされることになります。なお速度制限が適用される通信量は、申し込む端末毎に異なります。
プロバイダーそれぞれキャッシュバックされる時期はまちまちです。キャッシュが入金される日は何ヶ月か経ってからとなるはずですので、その様な点も納得した上で、どのプロバイダーで入手するのかを決めた方がいいでしょう。

WiMAXモバイルルーターについては、種類が複数あるわけですが、種類ごとに盛り込まれている機能に差があります。こちらのウェブサイトでは、各ルーターの機能であったり規格を比較・確認いただけます。
「速度制限が行なわれるのはどうしてか?」と申しますと、モバイル用に提供された回線に一定の時間帯に大量の接続があると、そのエリアでパソコンなどを利用しているすべての顧客が、繋げられなくなるとか速度が落ちてしまうからなのです。
モバイルWiFiを安く手に入れたいなら、月額料金であったり端末料金のみならず、初期費用だったりPointBackなどを1つ1つ計算し、その合計した金額で比較して安価な機種を選べばいいのです。
毎日のようにWiMAXを活用しているわけですが、再度モバイルWiFiルーターを比較し、「今の時点で最もいい機種はどれになるのか?」を確認したいと考えております。
ポケットWiFiと申しますのは、ひと月の間に使うことができる通信量や電波の種類が異なるのが普通なので、どういった使い方をするのかによって契約すべきモバイルWiFiルーターも異なってきます。

「データ許容量」、「使えるエリア」、「毎月の料金」、「速度制限の有り・無し」という4つの項目で比較をした結果、誰がチョイスしたとしても大満足のモバイルWiFiルーターは、驚くなかれ1機種だけだったのです。
オプションということになりますが、WiMAXのエリア圏内に入っていなくても、高速通信ができるLTE通信を使うことができる機種も用意されていますから、はっきり言ってこのWiMAX機種さえ所有していたら、日本の至る所でモバイル通信ができるわけです。
どんなモバイルルーターにも3日間3GBか1ヶ月間7GBの速度制限設定があります。とは言え非常識とも言える利用さえしなければ、3日で3GBに達することはほとんどないので、そこまで頭を悩ます必要はありません。
「WiMAXかWiMAX2+をゲットしたい」と言われる方に知っておいていただきたいのは、キッチリとプロバイダーを比較しませんと、多ければ30000円ほどは出費がかさみますよということです。
自宅はもちろん、室外でもインターネットに繋ぐことができるWiMAXではあるのですが、実際のところ自宅でしか使用しないということでしたら、WiMAXモバイルルーターなんかよりも自宅用ルーターの方を選択した方がお得です。

Pocket
LINEで送る




ページトップへ戻る
ページトップへ戻る