実は「ポケットWiFi」という名称はソフトバンクの商標だった?! – 格安スマホ・SIMフリーの世界
     

実は「ポケットWiFi」という名称はソフトバンクの商標だった?!

「ポケットWiFi」という名称はソフトバンクの商標ではあるのですが、多くの場合は「3G又は4G回線を利用してモバイル通信をする」ときに必要な「ポケットサイズ」のWiFiルーター全体のことを意味すると考えていいでしょう。
WiMAXギガ放題プランと申しますのは、大体2年という縛りの更新契約を踏まえたうえで、月額料金の値引きやキャッシュバックが供されているのです。その辺の事情を知覚した上で契約した方が賢明です。
今のところWiMAX2+の通信が可能なエリアとなっていないという方も、巷で手に入れることができるWiFiルーターを利用すれば、従前のWiMAXにも繋ぐことが可能になっていますし、嬉しいことにオプション料金を払うことにすれば、「au 4G LTE」にも接続することができます。
ギガ放題(WiMAX)プランと言いますと、データ通信量が3日で3GBを超過してしまうと速度制限が適用されますが、それがあっても結構速いので、速度制限に気を配る必要はないと思います。
「WiMAX」と「ワイモバイル」と「格安sim」全てを対象にして、それらの良い所と悪い所を理解した上で、利用状況毎にモバイルルーターをランキング一覧の形でご提示しております。

モバイルルーターのことを調べてみますと、至る所で目に付くのがWiMAXのキャッシュバックキャンペーンなのです。単刀直入に申し上げますが、4万円を少し切るくらいの高額なキャッシュバックを準備しているところもあるのです。
「WiMAXを購入しようと思っているけど、通信エリア内かどうか微妙だ。」と思う方は、15日間の無料お試しサービスがあるので、その無料期間を有効に活用して、数日間使用してみるといいのではないでしょうか?
現在のところWiMAXを取り扱っているプロバイダーは20~30社あり、プロバイダーによりキャンペーンの特典であるとか料金が違うのです。このページでは、人気のプロバイダーを4社紹介させていただきますので、比較してみてください。
今現在の4Gというのは本当の意味での4Gの規格を満たしているわけではなく、日本国内では今のところ市場提供されていないモバイル通信サービスなのです。その4Gの正式な市場投入までの臨時的な手段として始まったのがLTEと呼ばれているものです。
ワイモバイルブランドのポケットWiFiは、所定の通信量を越えると速度制限が掛けられます。この速度制限が適用されることになる通信量は、利用端末毎に決められています。

目下セールス展開中のWiMAXモバイルルーターの中においても、W03は格段にバッテリーの持ちに優れている端末です。長い時間充電できないという時でも、全く意に介せず使用することができるのです。
この先WiMAXを購入するという場合は、どう考えてもギガ放題のWiMAX2+を選んでください。通信速度が速いのに加えて、WiMAXの通信サービス可能エリア内でも使える仕様ですから、とても重宝します。
LTEと呼ばれるものは、今までの3Gを「長期的に進化させたもの」という意味合いの通信規格で、このあと登場することになる4Gへの転換を無理なく遂行するためのものです。そんな理由から、「3.9G」と称されています。
速度制限を規定していないのはWiMAXのみというイメージをお持ちかと思いますが、ワイモバイルにも通信方式を替えることにより、速度制限に見舞われることなく使用することができる「アドバンスモード」という呼び名のプランがあるのです。
モバイルWiFiを使うとするなら、なるべく支払いを抑えたいと思うことでしょう。料金につきましては毎月毎月徴収されますから、仮に何百円という差だとしても、年間ということになりますと結構違ってきます。

Pocket
LINEで送る




ページトップへ戻る
ページトップへ戻る