「WiMAX(ワイマックス)」は本当に料金がリーズナブルなのか? – 格安スマホ・SIMフリーの世界
     

「WiMAX(ワイマックス)」は本当に料金がリーズナブルなのか?

WiMAXは現実に料金がリーズナブルなのか?所有のメリットや気を付けるべき事項を整理し、ようやく浸透してきた格安SIM等とも比較した上で、「間違いなく安いと言えるのか?」について当ページでお伝えいたします。
LTEと言っているのは、携帯電話とかスマホなどに採用されている今までにはなかった高速モバイル通信規格になります。3G通信回線と4G通信回線の間に位置する規格ということもあるので、WiMAXと同じく3.9Gの範疇に入ります。
自分なりにWiMAXとワイモバイルという人気抜群の2機種のモバイルWiFiルーターの速度や1か月間の料金などを比較してみたところ、上位機種に関する下り最大速度を除外したほとんどの項目で、WiMAXの方が優れていることが分かりました。
WiMAXの毎月毎月の料金を、なにしろ削減したいと考えながらお得な情報を探しているのではありませんか?そういった方のお役に立つように、1ヶ月の料金を削減するための秘訣を伝授させていただきます。
スマホで利用するLTE回線と形式的に違っている点は、スマホは端末自体が直に電波を受信するのに対し、WiMAX2+の方はモバイルWiFiルーターを介在させて電波を受信するという部分になるでしょう。

高速モバイル通信として注目されているWiMAX2+(ハイスピードモード)については、速度制限が掛かりましても下り速度が1~6Mbpsはキープできますので、YouToubeの動画程度は楽しめる速度で利用可能だと考えて間違いありません。
モバイルWiFiの1か月間の料金は概ね3000~5000円程度ですが、プロバイダーによってはキャッシュバックを行なっているところが存在します。この戻される金額を掛かった費用からマイナスしたら、実際に手出しをした費用が判明するというわけです。
どの機種のモバイルWiFiにするかを毎月毎月の料金だけで決めてしまうと、トチることが多いので、その料金に焦点を当てながら、更に知っておくべき事柄について、一つ一つ解説しようと考えています。
WiMAXは、費用的にも他社より低額でモバイル通信ができます。サービスエリア内ならば、1台のWiMAXモバイルルーターで複数台のWiFi通信機器をネット接続できます。
「WiMAXのエリア確認を行なってはみたものの、現実的に電波が来ているのか?」など、貴方が常日頃PCを利用している所が、WiMAXの使用が可能なエリアなのかエリアじゃないのかと不安を感じているのではないですか?

それぞれのプロバイダーでキャッシュバックされる時期はまちまちです。本当に入金される日はかなり後という決まりですから、そういった点もリサーチした上で、どのプロバイダーで求めるのかを決めるべきです。
LTEと一緒で高速モバイル通信が可能なWiMAXという通信規格も注目されています。ほとんどノート型パソコンなどで利用しているという人が多く、「好きな時間に好きな場所で高速WiFi通信ができる!」というのが一番の魅力ではないでしょうか?
外であるとか我が家でWiFiを利用する予定なら、モバイルWiFiルーターが必要になります。人気のある2機種であるWiMAXとワイモバイルを詳しく比較してみましたので、気になるようでしたら参考になさっていただきたいと思います。
WIMAXの「ギガ放題プラン」の場合は、毎月毎月のデータ通信量に上限は設けられておりませんし、キャッシュバックキャンペーンを有効に利用することで、月額料金も4000円未満に抑えることができるので、非常におすすめだと言えます。
自宅では、ネットに接続するときはWiMAXを使用しています。心配していた回線速度に関しても、全くもってストレスが掛かることのない速度が出ています。

Pocket
LINEで送る




ページトップへ戻る
ページトップへ戻る