UQコミュニケーションズの「サービスエリアマップ」 – 格安スマホ・SIMフリーの世界
     

UQコミュニケーションズの「サービスエリアマップ」

WiMAXが使えるかどうかは、UQコミュニケーションズが一般人向けに掲載している「サービスエリアマップ」を見ればはっきりします。住所での確認に関しては、「ピンポイントエリア判定」を実施すればいいでしょう。
今の段階でWiMAXをセールスしているプロバイダーは20社を超え、プロバイダーごとにキャンペーンの中身や料金が違っているわけです。このページでは、一押しのプロバイダーを5社紹介いたしますので、比較してみてください。
LTEと呼ばれているものは、今の3Gを「長期的に進化させたもの」という意味で名付けられた通信規格で、このあと登場することになる4Gへの移行を円滑に進展させるためのものです。そういった背景から、「3.9G」として分類されています。
WiMAXモバイルルーターと呼ばれるものは、WiMAXのモバイル通信網を活用することにより、パソコンやタブレットなどのWiFi機能が実装されている端末をインターネットに繋げる為の、ポケットサイズの通信機器になります。
WiMAXモバイルルーター自体は、運搬できることを目的に製作された機器なので、ズボンのポケットなどに楽にしまえる小型サイズでありますが、使うという時は前もって充電しておくことが必要です。

「WiMAXのサービスエリア確認を行なってみたけど、100パーセント利用することができるのか?」など、ご自身が常日頃PCを利用している所が、WiMAXが使用できるエリアなのかそうではないのかと困惑しているのではないでしょうか?
こちらのページでは、「モバイル通信が可能なエリアが広いモバイルルーターが欲しい!」と言われる方に利用して頂く為に、通信会社一社一社の通信提供エリアの広さをランキング形式でご紹介させていただいております。
ひと月のデータ通信制限が設けられていないWiMAX「ギガ放題」の各料金を、それぞれのプロバイダーで比較して、低料金順にランキング付けしました。月額料金だけで選ぶのは止めましょう。
モバイルWiFiルーターというのは、契約年数と1ヶ月の料金、プラス速さを比較して決定するのが重要です。これ以外には使うであろう状況を想定して、通信可能エリアをチェックしておくことも必要不可欠です。
WiMAXを向上させた形でマーケット投入されたWiMAX2+は、従来型の3倍の速さでモバイル通信をすることが可能です。その上通信モードをチェンジすれば、WiMAXとWiMAX2+のみならず、au 4G LTEも使用できるのです。

毎月のデータ使用量が無制限の「ギガ放題」とは別のプランとして、WiMAX2+には「通常プラン」というのも提供されています。こちらのプランは、「7GBのデータ使用量制限あり」とされているのです。
WiMAXモバイルルーターに関しましては、種類がいくつかあるわけですが、その種類により備えられている機能に開きがあります。ご覧のサイトでは、それぞれのルーターの機能であったり規格を比較一覧にしています。
マイホームだったり戸外でWiFiを利用したいと考えているなら、モバイルWiFiルーターが不可欠だと言えます。現在注目を集めているワイモバイルとWiMAXを入念に比較してみましたので、気になるようでしたら参考になさっていただきたいと思います。
私の方でWiMAXとワイモバイルという評判の良い2機種のモバイルWiFiルーターの速度や毎月毎月の料金などを比較してみたところ、上位機種に関する下り最大速度以外のほぼすべての項目で、WiMAXの方が優れていることがはっきりしました。
誰が何と言おうと、最も推奨したいモバイルWiFiルーターはWiMAXで確定でしょう。これ以外のWiFiルーターと比較しても回線スピードは文句のつけようがないし、何より料金が一番リーズナブルです。

Pocket
LINEで送る




ページトップへ戻る
ページトップへ戻る