モバイル通信における「通信エリア」の怪 – 格安スマホ・SIMフリーの世界
     

モバイル通信における「通信エリア」の怪

プロバイダー各々キャッシュバックされる時期は違うのが通例です。現実に入金される日は何か月間か経過した後と規定されていますから、そういった部分も納得した上で、どのプロバイダーで購入するのかを決定しましょう。
ワイモバイルも通信できるエリアはかなり広まっており、離島であったり山間部を除けばほとんど利用できると思います。インターネットに4G回線経由で接続できない場合は、3G回線を用いて接続することができるのでご安心ください。
Y!モバイルまたはNTTドコモにて設定されている「3日間で1GB」という制限ですが、1GBと申しますのはパソコンなどで動画を鑑賞すると2時間位で達してしまい、一も二も無く速度制限が掛かることになります。
ワイモバイルのポケットWiFiを友達にすすめられて、初めて使用してみましたが、今まで愛用していたほぼ一緒のサービスを推進している同業他社の物と対比しても、通信品質などの点は何ら変わりがないと思った次第です。
速度制限がないのはWiMAXだけという印象かもしれませんが、ワイモバイルにも通信方式を変更することによって、速度制限が行われることなく使える「アドバンスモード」という特別なプランがあります。

WiMAXモバイルルーターは、いくつか種類があるのですが、1個1個搭載済みの機能が全く違っています。こちらのウェブサイトでは、1つ1つのルーターの機能とか仕様を比較一覧にしていますので、ご覧ください。
従来の通信規格と比較しても、実に通信速度が速くなっていて、それなりの量のデータをあっという間に送受信できるというのがLTEの長所だと思います。今の社会にマッチする通信規格だと言えます。
モバイルWiFiを使うなら、できるだけお金が掛からないようにしたいと考えますよね。料金につきましては1カ月毎に支払う必要がありますから、たとえ何百円という違いだとしましても、一年間で計算すると相当違ってきます。
docomoやY!mobile(Yモバイル)の場合だと、3日間で1GBを超えてしまうと、それなりの期間速度制限が掛かることになりますが、WiMAX(ノーリミットモード)であれば、そういった制限はないのです。
ワイモバイルが提供するポケットWiFiは、規定の通信量を越えてしまいますと速度制限されることになります。なお速度制限が掛けられる通信量は、契約する端末毎に決まっているのです。

殊の外ご存じない方が多いのですが、「ポケットWiFi」という言葉はワイモバイルの登録商標です。にも関わらずWiFiルーターの一種だということで、正直申し上げて通常の名詞の様に取り扱われていると言えます。
WiMAXと申しますと、著名なプロバイダーが行なっているキャッシュバックキャンペーンに注目が集まっていますが、ご覧のページでは、WiMAXは実際に通信量に関して規定されておらず、お得になっているのかについて解説したいと思います。
LTEと呼んでいるのは、携帯電話とかスマホなどで用いられる新規の高速のモバイル通信技術なのです。3G通信回線と4G通信回線の間に位置する通信規格ということから、WiMAXと同じく3.9Gの範疇に入ります。
以前の規格と比べると、ここ最近のLTEには、接続だったり伝送の円滑化向上のための高水準の技術がこれでもかという位に導入されていると聞いています。
連日WiMAXを活用しているのですが、再びモバイルWiFiルーターを比較し、「現時点で最も性能的にも料金的にも満足のいく機種はどれなのか?」を見極めたいと考えているところです。

Pocket
LINEで送る




ページトップへ戻る
ページトップへ戻る