「初期費用」を深く考えてみる – 格安スマホ・SIMフリーの世界
     

「初期費用」を深く考えてみる

モバイルWiFiの月額料金を格段に安くしている会社の場合、「初期費用が高額」です。だから、初期費用も月額料金の1つだと考えて選択することが肝心だと思います。
「モバイルWiFiを購入するつもりだけど、無制限&高速モバイル通信として今流行りのWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイルが提供しているポケットWiFiのどちらを選択すべきか決めることができない。」と言われる方の役に立つように、両者を比較して一覧にしてみました。
WiMAX2+の販売キャンペーンとして、高額のキャッシュバックを謳っているプロバイダーが幾つか見受けられますが、キャッシュバックキャンペーンを謳っていないプロバイダーも少なくないので、気を付けないと後悔することになります。
ワイモバイルも利用エリアは拡大化しており、山あいとか離島を除く地域なら概ね利用できるでしょう。インターネットに4G回線を介して接続することが困難な時は、3G回線利用で接続できるので、不便だと思うことはほとんどないでしょう。
「ネット使い放題プラン」で支持を集めるWiMAX。高速モバイル通信量の上限規定がないモバイルWiFiルーターとして採用する人が増加しており、導入も工事無しで出きますし、プラン内容からみたら月額料金も割安です。

モバイルWiFiをお得に使いたいなら、月額料金であったり端末料金は言うまでもなく、初期費用であったりポイントバック等々を残らず計算し、その総合計で比較して安めの機種をチョイスすれば良いのではないでしょうか?
WiMAXギガ放題プランというのは、大概2年という期間ごとの更新契約を基本として、基本料金の引き下げやキャッシュバックが行われているのです。そうした背景を了解した上で契約しなければいけません。
モバイルWiFiを割安で使いたいと言うなら、勿論月額料金が肝だと言えます。この月額料金設定が安めの機種だったら、その先ずっと払うことになる金額も少なくすることができますから、何と言ってもその点を意識しなければなりません。
ワイモバイルのポケットWiFiは、WiMAXと比較するといくらか速度的に見劣りしますが、その周波数の特徴で電波が到達しやすくて、どこにいてもほとんど繋がるということで高評価されています。
「WiMAX」「格安sim」「ワイモバイル」全部をターゲットにして、それらの強みと弱みを押さえた上で、利用状況に見合ったモバイルルーターをランキング形式でご案内します。

WiMAX2+を販売しているプロバイダーの一ヶ月の料金(2年契約期間満了日迄のキャッシュバックも考慮に入れた支払い合計額)を比較した結果を、安いプロバイダーから順番にランキングスタイルで紹介させていただきます。
月間のデータ使用量がフリーとなっている「ギガ放題」だけじゃなく、WiMAX2+には「通常プラン」というのもあります。こちらの「通常プラン」の場合は、「データ使用量は7GBに限定」とされています。
私が一押しのプロバイダーは、キャッシュバックを4万円に届きそうな額に設定しているので、モバイルWiFi自体の月額料金が他と比べて高額でも、「トータルで見ると低料金だ」ということがあり得るのです。
「WiMAXを購入するつもりでいるけど、サービス提供エリア内かどうかが分からない。」と考えている場合は、「15日間の無料お試し」があるので、その無料サービスを進んで利用して、毎日の生活で使用してみて判断したらいいでしょう。
先々WiMAXを買うという時は、何が何でもWiMAX2+のギガ放題をおすすめします。通信速度が速いのは当然として、WiMAXの通信サービスエリア内でも利用できますので、接続できなくて困るということがありません。

Pocket
LINEで送る




ページトップへ戻る
ページトップへ戻る