WiMAXのモバイルルーター考察 – 格安スマホ・SIMフリーの世界
     

WiMAXのモバイルルーター考察

WiMAXモバイルルーターに関しては、いくつか種類があるわけですが、それぞれの種類毎に盛り込まれている機能が異なっているわけです。このページでは、1つ1つのルーターの機能であったり規格を比較しております。
スマホで使用するLTE回線と原則的に違っていますのは、スマホはそれ自身が直接電波を受信するというのに対し、WiMAX2+の方はモバイルWiFiルーターと呼ばれる機器によって電波を受信するというところだと考えていいでしょう。
「速度制限がなぜ実施されるのか?」と言うと、ネットの回線にアクセスが集中するという状態が発生すると、そのエリアで通信機器類を使っている全契約者が、なかなか繋がらなくなるとか速度が上がらなくなってしまうからです。
私が一押しのプロバイダーは、キャッシュバックを40000円弱の金額に設定しているので、モバイルWiFiの月額料金が比較的高額だとしても、「総計してみるとかえって安くつく」ということがあると言えるのです。
オプション扱いにはなりますが、WiMAXのサービスエリア圏外でも、高速で人気のあるLTE通信を使うことが可能な機種もあるので、はっきり言ってこのWiMAX機種さえ持っていたら、日本各地で大概モバイル通信が可能だと言えます。

目下のところWiMAXを取り扱うプロバイダーは20数社あり、プロバイダーによりキャンペーンの中身や料金が異なるのです。こちらのページでは、評判の良いプロバイダーを12社ご覧いただけますので、比較されてはどうでしょうか?
WiMAXのサービスエリアは、全国主要都市人口カバー率が99%だとされています。東京都内23区はさることながら、日本それぞれの県庁所在地などでは、何一つ制約を受けることなく通信サービスを利用することができると考えていただいて大丈夫でしょう。
WiMAXが利用できるかどうかは、UQコミュニケーションズがネットに公開している「サービスエリアマップ」を見たら判断可能です。特定の区域については、「ピンポイントエリア判定」を実施すれば判断可能だと思います。
今売りに出されているWiMAXモバイルルーターの中においても、W03は段違いにバッテリーの持ちが良いと言えます。営業に出掛ける時も、不安になることなく利用することができます。
普通のプロバイダーは、本家と言えるUQWiMAXから通信回線設備をレンタルするためのコスト以外不要なので、UQWiMAXと比較しようとも、その料金は低い金額になっていると言って間違いありません。

Y!mobile(Yモバイル)であるとかドコモにて設けられている3日間で最高1GBという制限ですが、1GBというとパソコンで映像を視聴すると2時間程で達してしまい、その段階で速度制限が適用されることになります。
「WiMAXをとにかく安い金額で心配無用で活用したいと思っているけど、どのプロバイダーと契約すべきなのかの答えが分からない」という人向けに、WiMAXのプロバイダーを比較したWiMAX特設ページを完成させましたので、よろしければご覧ください。
ポケットWiFiに関しましては携帯と一緒で、各端末が基地局と無線にて接続されることになるので、繁雑な配線などを行なう必要がありませんし、ADSLだったりフレッツ光を申し込んだ時みたいなインターネット回線工事も必要ないのです。
ご存じないかもしれませんが、「ポケットWiFi」という言葉はワイモバイルの登録商標です。それにもかかわらずWiFiルーターの1つだという理由の為に、現在では通常の名詞の様に取り扱われていると言えます。
自宅のみならず、出掛けた時でもインターネットに繋ぐことができるWiMAXではあるのですが、実際のところ自宅以外で使うことはないと言われるなら、WiMAXモバイルルーターなんかよりも通常のルーターの方が間違いなくおすすめです。

Pocket
LINEで送る




ページトップへ戻る
ページトップへ戻る