白ロムの定義と特徴 – 格安スマホ・SIMフリーの世界
     

白ロムの定義と特徴

白ロムは携帯電話に関連する用語で、キャリアとの契約情報が記録されている、SIMカードが装着されていない端末を指します。

携帯電話のキャリアのショップで契約すると、必ずSIMカードは装着されていますから、白ロムは必然的に中古の端末に使われる用語となります。
厳密にいえば、市場に未使用の白ロム端末が流通することもありますし、SIMカードが装着済みでも、契約情報が消去されていれば白ロムです。

白ロムのメリットは、スマホの端末を新品よりも手頃な価格で購入できたり、生産や販売が終了になった端末も手に入れられる可能性があることです。
また、後から格安SIMを契約することも可能ですから、端末だけでなく携帯電話の料金も節約できます。

Pocket
LINEで送る




ページトップへ戻る
ページトップへ戻る